Moiz's journal

プログラミングやFPGAなどの技術系の趣味に関するブログです

RISCVエミュレータの途中経過

はじめに このプロジェクトについて 命令の追加 実行できるようになったもの。 テストの追加 アセンブラ部分のテスト CPU部分のテスト 次のステップ 追記 はじめに 前回のエントリーの続きです。 ちょっと今週来週雑用で作業ができなそうなので、忘れないよ…

RISCVエミュレータを作り始めた

はじめに 目標 参考図書 リポジトリ 作業 最初に使用する命令の選定 アセンブリコードの変更 命令のエンコーダー 命令のデコード 命令の実行 その他 実行結果 今後の課題 はじめに RISCVエミュレータを作り始めました。このエントリーはそのメモです。 個人…

【技術書典6】Colabから印刷所に出せる原稿を作るワークフロー

Colabから印刷所に出せる原稿を作るワークフロー はじめに 先日行われた技術書典6で「PythonとColabでつくる-ゼロから作るRAW現像」をid:uchan_nosさんのブースで頒布していただき、用意していた全100部を完売することができました。 ひと月前に部数を相談し…

【技術書典6】キヤノンD70のRAW画像のPythonによる現像

キヤノンD70のRAW画像のPythonによる現像 このページについて このページでは「技術書典6」にて配布する「PythonとColabでできる - ゼロからできるRAW現像」のデモとして、書籍ではあつわかないキヤノンのRAWファイルの現像を行ってみます。 あくまでデモと…

【技術書典6】 画像処理は低レイヤー

画像処理は低レイヤー はじめに 前回の記事で告知したとおり、4月14日に行われる技術書オンリーイベント『技術書典6』にて『う38』のサークルbitnosのご厚意で「PythonとColabでできる - ゼロから作るRAW現像」を配布します。 サークルbitnosは低レイヤ…

【技術書典6】「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を出します(書籍版/ダウンロード版)

はじめに 第六回目を迎える 技術書オンリーイベント 「技術書典6」にて『う38』のサークルbitnosにて「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」(以下「ゼロから作るRAW現像」)を配布します。 技術書典について 公式ウェブページによる紹介は以下の…

「低レイヤを知りたい人のための Cコンパイラ作成入門」を読んで、オレオレコンパイラを作り始めた

はじめに 表題通りですが、Rui Ueyama氏の「低レイヤを知りたい人のための Cコンパイラ作成入門」というPDF本を読んでCコンパイラ的なものを作り始めましたよ、というダラっとした内容です。 はじめに 発端 とりあえず書いてみる 別のコンパイラ入門書をよん…

EDA Playgroundで遊んで見る

はじめに ブラウザ上でデジタル回路設計と検証が行えるウェブページEDA Playgroundを紹介します。 https://www.edaplayground.com/ EDA Playgroundの例の一つ(カウンター) 書いている人とEDA PlaygroundおよびDoulosとの間にはなんの関係もありません。 ED…

ゼロから作るRAW現像 - Colabでの実行

このブログ記事「ゼロから作るRAW現像」を大きく再構成してより読みやすくした書籍「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を【技術書典6】にて頒布しました。 現在はBOOTHにて入手可能です。書籍+PDF版は2200円プラス送料、PDF版は1200円です。 moiz…

ゼロから作るRAW現像 - まとめページ

ゼロから作るRAW現像 はじめに この一連の記事は、RAW画像現像・カメラ画像処理の内容を実際の動作レベルで解説し、なるべくスクラッチからPython上で実行してみる事を目的としています。この記事で扱うもの 基本的なRAW現像処理・カメラ画像処理の流れ Baye…

ゼロから作るRAW現像 その8- 欠陥画素、エッジ強調、コントラスト補正

このブログ記事「ゼロから作るRAW現像」を大きく再構成してより読みやすくした書籍「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を【技術書典6】にて頒布しました。 現在はBOOTHにて入手可能です。書籍+PDF版は2200円プラス送料、PDF版は1200円です。 moiz…

ゼロから作るRAW現像 その7- ノイズモデルとノイズフィルター

このブログ記事「ゼロから作るRAW現像」を大きく再構成してより読みやすくした書籍「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を【技術書典6】にて頒布しました。 現在はBOOTHにて入手可能です。書籍+PDF版は2200円プラス送料、PDF版は1200円です。 moiz…

ゼロから作るRAW現像 その6 - レンズシェーディング補正

このブログ記事「ゼロから作るRAW現像」を大きく再構成してより読みやすくした書籍「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を【技術書典6】にて頒布しました。 現在はBOOTHにて入手可能です。書籍+PDF版は2200円プラス送料、PDF版は1200円です。 moiz…

ゼロから作るRAW現像 その5 - ラズベリーパイのRAW画像処理

このブログ記事「ゼロから作るRAW現像」を大きく再構成してより読みやすくした書籍「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を【技術書典6】にて頒布しました。 現在はBOOTHにて入手可能です。書籍+PDF版は2200円プラス送料、PDF版は1200円です。 moiz…

ゼロから作るRAW現像 その4 - デモザイク処理応用編

このブログ記事「ゼロから作るRAW現像」を大きく再構成してより読みやすくした書籍「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を【技術書典6】にて頒布しました。 現在はBOOTHにて入手可能です。書籍+PDF版は2200円プラス送料、PDF版は1200円です。 moiz…

ゼロから作るRAW現像 その3 - デモザイク処理基本編

このブログ記事「ゼロから作るRAW現像」を大きく再構成してより読みやすくした書籍「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を【技術書典6】にて頒布しました。 現在はBOOTHにて入手可能です。書籍+PDF版は2200円プラス送料、PDF版は1200円です。 moiz…

ゼロから作るRAW現像 その2 - 処理のモジュール化

このブログ記事「ゼロから作るRAW現像」を大きく再構成してより読みやすくした書籍「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を【技術書典6】にて頒布しました。 現在はBOOTHにて入手可能です。書籍+PDF版は2200円プラス送料、PDF版は1200円です。 moiz…

ゼロから作るRAW現像その1 - 基本的な処理

追記 このブログ記事「ゼロから作るRAW現像」を大きく再構成してより読みやすくした書籍「PythonとColabでできる-ゼロから作るRAW現像」を【技術書典6】にて頒布しました。 現在はBOOTHにて入手可能です。書籍+PDF版は2200円プラス送料、PDF版は1200円です。…

Raspberry Piのベアメタル環境からSDCARDにアクセスする(BUSモード編)

はじめに Raspberry Piのベアメタル環境からGPIOを経由してSD CARDをアクセスする方法について、BUSモードでも成功したので紹介します BUSモード 前回のエントリーではRaspberry PiでOSなどを介さず、EMMC 1も使わず、GPIO機能のみを使ってSD CARDにSPIモー…

Raspberry Piのベアメタル環境からSDCARDにアクセスする(SPIモード編)

はじめに Raspberry Piのベアメタル環境からSD CARDをアクセスする方法について、限定的ながらある程度成功したので紹介します 周辺機器アクセスはベアメタルの鬼門 ベアメタルというのはOSなしの環境なので、当然ながらプログラミングにあたって各種OSの便…

プロセッサの中のプロセッサとインストラクション・セットの多様性

プロセッサの中にも多数のプロセッサがいる 最近出版された「コンピュータ・アーキテクチャ 定量的アプローチ 第六版」に新設された第7章のドメイン・スペシフィック・アーキテクチャ(DSA)の章を読んでいたところ、面白い記述があった。まず前提としてラ…

「実践コンピュータビジョン」の全演習問題をやってみた、というブログを書いた

夏頃にオライリージャパンの「実践コンピュータビジョン」という本を読み、全演習問題に挑戦しました。もともとこのブログにそのことを書こうと思っていたのですが、はてなブログでは大量のコードが出てくる記事を書くのがなんともおっくうで、延ばし延ばし…

衣類乾燥機を修理してみたよ

衣類乾燥機が壊れた 先日衣類乾燥機が突然動作しなくなった。 パネルやモーターなどは普通に動いていて排気口からは風も出てくるが、温度が上がらず当然衣類もまったく乾かない。買ったのは四年前で当時入ったショップの延長保証も1年前に切れている。さて…

ラズベリーパイ版Haribote OSのビルド環境とインストール方法

だいぶ間があいてしまいましたが、ラズベリーパイ用Haribote OSのビルド方法について紹介します*1 PC環境はUbuntu 16.04を想定していますが、他のバージョンのUbuntu又は、他のLinuxでも同様にビルドできると思います。 2017.10.13追記: Raspberry Pi上のStr…

Brainf**k CPU でマンデルブロー集合を試してみた

FPGA上で動作するBrainf**k CPUを使ってマンデルブロー集合を表示させてみる Brainf**kで書いたマンデルブロー集合を計算するプログラムがある、と聞いてずっと自作のBF CPUで動作させたいと思っていました。HDLを改造することで動作させることに成功したの…

FPGAで動作するBrainf**k CPUをパイプライン化、スーパースカラー化もどきして、ベンチマークをとってみた

はじめに 前回のエントリーで紹介したFPGAで動作するBrainf**k CPU(BF CPU)を高速化しました。 高速化にあたっては 明らかに無駄なところを直す パイプライン化 スーパースカラー的な並列化 の3つを試してみました。また各段階毎にごく簡単なベンチマーク…

FPGAで動作するBrainf**k CPUを作ってみた

はじめに 前回のエントリーに書いたとおり、Brainf**k言語を直接実行するCPUがFPGA(Terasic DE0)で動作したのでまとめてみます。 VerilogのコードとQuartusのプロジェクトファイルはこちらに公開してあります。 github.com 以下この稿では、このCPUをBF CPU…

Brainf**k言語を直接実行するCPUがFPGAで動いた

なんとか動き出したので、そのうちGitHubに上げてブログで紹介します

Ubuntu16.04 64-bitで、Quartus II 13.1からModel-sim

前回の続きでQuartus II 13.1に付属のModel-sim Altera Starter Edition 10.1を64ビット版のUbuntu 16.04で動かしてみました。前回も触れましたが、64bit版Linuxと旧バージョンのQuartusの相性はあまり良くないようです。また、Ubuntuはサポート外となって…

Ubuntuに古いQuartus IIを入れたらいろいろ大変だった

Ubuntu16.04(64ビット)にQuartus II 13.1 Web Editionを入れた際のメモ 久しぶりにFPGAボード(Terasis DE0)を動かそうと思ったのですが、最近デスクトップのメインOSをUbuntuに変えたところなので、ついでにQuartus II 13.1をインストールしたところいろい…