Moiz's journal

プログラミングやFPGAなどの技術系の趣味に関するブログです

おれは客じゃない

 プロ野球を巡るごたごたを見て思うのは、単なる1ファンの自分は当事者ではないという寂しさだ。
 もちろん当事者の第一が経営者と選手なのは当然だが、本来ファンというのは同様の重要性をもった当事者として認められてしかるべきところだろう。しかし、残念ながら今回の事件では全くの蚊帳の外だ。経営上の問題とはいえ、普通ここまで客の存在が軽んじられる事があるものだろうか。
 おそらく経営者側にとって普通のプロ野球ファンは客ではないのだろう。もし客であるとしたら、ここまで経営者側に軽く扱われる(というか、まるっきり無視される)ことはないはずだ。プロ野球の経営者にとって客というのは、金を持ってきてくれる人たちのことであり、それはおそらく巨人戦の中継料を払ってくれるテレビ局であり、また、赤字を補填する親会社であり、せいぜい、年間席を購入してくれる企業のことなのだ。そうでなかったら、経営者側もここまでファンの声を無視できる訳がない。
 そして自分自身の事を振り返ってみても、自分がいかにプロ野球のビジネスにおいて意味のない存在なのか、悲しくなるほどよくわかる。自分がプロ野球経営者に意義を唱えるためにどの程度のことができるだろう。年に2−3回行っていた観戦をやめる、テレビの野球中継を見ない、ケーブルテレビを解約する、スポーツ新聞を読まない、どれもプロ野球のオーナーには微塵のダメージも与えられそうにない。影響はまったくのゼロだ。結局、自分はプロ野球業界にとって客ではないのだと理解するしかない。
 そう考えると、意外なことにプロ野球ファンが唯一客としての影響力を行使できるのは読売巨人軍に対してだけであることに気がつく。巨人は圧倒的なファンの多さを、読売新聞の拡販や、高額な巨人戦のテレビ中継権に結びつけることでビジネスを展開している。他球団がファンの数よりも巨人戦中継の数の方が経営への影響が大きいのに対して、全試合が「巨人戦」の読売はファンの絶対数が即経営上の問題になりうる。オーナーの意見に反対だからといって読売新聞の購読をやめる人がわずかでもあらわれれば、巨人軍の経営にとっては大問題になるだろう。考えてみれば、渡辺オーナーが辞任したのにも(本人の意図はどうあれ)、ファンの声が少なからず影響しているはずだ。
 今度読売新聞の拡張員の人がきたら言ってみようか。「古田選手のファンなので、ちょっと...。」と。