Moiz's journal

プログラミングやFPGAなどの技術系の趣味に関するブログです

彼らも交流戦削減を主張するセリーグ球団と同じ

 私は古田選手のファンなので昨日の巨人対スワローズ戦の試合をラジオで聞いていたのだが、解説者の巨人びいきにちょっと辟易した。アナウンサーも解説者もどうやったら巨人が勝てるのかとか、巨人びいきの試合展開予想とか、そんなことばかりはなしている。放送局はヤクルトスワローズと資本関係もあるサンケイグループのニッポン放送で、解説者の関根氏は巨人出身とはいえ長いことヤクルトスワローズの監督を務めたこともある方なので、もうちょっとスワローズの話をしてくれてもいいと思うのだが...。
 で、ふと気づいたのだが、プロ野球の解説者やアナウンサーなど中継に携わる人は、どちらかというと「プロ野球関係者」というよりも「巨人戦中継・報道」関係者、なわけで、テレビのプロ野球中継がなくなったときに真っ先に仕事がなくなってしまう人たちなのだ。巨人戦中継がテレビからなくなり、ラジオから減ったとき、選手は球場での試合があるが、解説者に仕事はなくなってしまう。アナウンサーもプロ野球中継を得意とする人はつらいことになるだろう。彼らは一部セリーグ球団以上に巨人戦中継に依存している人たちなわけで、彼らに中立性や公平なプロ野球全体への展望を願う方がはなから無理というものだろう。それは単に局の意向に従っているという以上に根深い構造的な要因なのだ。
 一部巨人の戦い方やプロ野球の構造を批判する声が過去にあったとしても、それはプロ野球の中継を中心とする業界の構造が安定しているという前提の前で行われているだけで、いざプロ野球中継がなくなるかもしれないという危機的状況になるとそんな声はかき消されてしまう。旧来の業界構造にしがみつくその姿は見ていていたいたしい。
 このまま巨人戦中継がテレビから消えて彼らの職がなくなったとしても、明らかに矛盾した一極集中の業界構造を批判せず、そこに安住してきた彼らの責任は重いわけで、まったく同情する気にはならないのだが。